糖質制限中にトウモロコシはNG?

糖質制限と言われると、どうしても炭水化物を我慢するイメージが強いですが、糖質の多い食品は、何もご飯やパン、麺類だけではありません。

例えば、カマボコや魚肉ソーセージ、竹輪といった加工品や、味噌やみりん、きな粉などの調味料、あとはトウモロコシやジャガイモなどの野菜は、糖質制限中控えるべきだそうです。

トウモロコシがダメなんて思わなかった人も少なくないかもしれません。

しかし、実際にトウモロコシには、100gにつき13g以上の糖質が含まれているとのことでした。糖質制限中は、1食分の糖質量を20~50gに抑えなければいけないことを考えると、トウモロコシの糖質は、確かに中々無視できない量だと思います。

よく、彩が綺麗だからと、サラダに使われていたり、メニューのトッピングでもよく出てきたりするトウモロコシですが、こんな落とし穴があったんですね。

実際に、炭水化物ばかりに気を取られて、糖質が多い事に気付かずに食べてしまう人も多いとのことでした。

でも、普通に考えたら、人工甘味料の原料としてもよく使われるのがトウモロコシだし、色々と問題として取り上げられているものでもあるので、それだけ、要注意食材なんだとなんとなくイメージできます。

ちなみに、トウモロコシやジャガイモの他にも、サツマイモ、ニンニク、レンコン、ゴボウ、ソラマメなど、糖質量の多い野菜は一定数あるそうです。そのため、糖質制限を始める前には、どの野菜は大丈夫なのかというのを、念入りに調べておくべきみたいです。