グルテンフリー中はアルコールに注意?

グルテンフリーと言われると、パンや麺類を控えるイメージが強いと思います。

しかし、グルテンが含まれているのは、そうしたあからさまに小麦等が使われている食品だけではないそうです。例えば、調味料。意外と、ケチャップやマヨネーズ、醤油にはグルテンが一定量含まれているのだとか。

あと、アルコール飲料を飲む機会が多い人も注意した方が良いそうです。

なぜなら、グルテンを含有する小麦や大麦が使われたアルコール飲料は、結構多いからです。アルコールでグルテンが含まれているものと言えば、麦が使われたビールや焼酎くらいだと思っていたので、これは驚きました。

では、ビール以外だと、どういったアルコール飲料を控えるべきなのかと言うと…?シャンパンやジン、あとはスコッチやバーボン、ウォッカといったウィスキーだそうです。

かなりメジャーなアルコール飲料ばかり。
気付かずお酒の席で飲んでいた人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、グルテンが一切含まれていないアルコール飲料としては、米を使った日本酒、黒糖や芋を使った焼酎、テキーラ、ラム酒、ブランデー、ワインなどが該当するとの事でした。

とりあえず、グルテンフリーの食事を継続中だからと言って、お酒が飲めないという訳ではなさそうですが、結局、飲み過ぎとなっては、グルテンフリーを実践する意味も危うくなるので気をつけたいところですね。